ビンポセチンの通販

最安値のビンポセチンを通販で購入できる販売店を探しています

ビンポセチンを通販する際の健康リスク

「ビンポセチン」は、注意力・記憶力・集中力の向上をもたらしてくれる経口内服薬で、人間の脳の機能を高める「スマートドラッグ」の1つにも数えられています。

ビンポセチンの最大の特徴としては、血管拡張作用の対象が脳の毛細血管だけに絞られている点が挙げられます。他部位の血管は拡張されること無く常態のなままに保たれるため、急激に血圧が低下する心配がありません。価格は1錠あたり20円程となっています。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのビンポセチンを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、ビンポセチンの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”ビンポセチン”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


ビンポセチンの作用機序と効果・副作用

ビンポセチンには、脳の血管を拡張させると共に血液の粘性を低下させることで、脳内に行き渡る血流量を増加させ、脳細胞におけるグルコースの利用度を上昇させる効果があります。従って、血流不足で脳が低酸素状態となり、「ボーッとする」という状態になることが避けられると共に、注意力・記憶力・集中力の向上を促がすことができるのです。また、ビンポセチンを開発した開発したハンガリーにある製薬会社のゲデオン・リヒテル社によると、副作用の起こる可能性は1%以下とのことですが、稀に軽い「顔面紅潮・頭痛・眠気・めまい・腹痛」などの症状が起こることもあるそうです。ただし、妊娠中の女性は、堕胎してしまう危険性が否めないため、服用してはなりません。