マイルーラ(VCF)の通販

最安値のマイルーラ(VCF)を通販で購入できる販売店を探しています

マイルーラを通販する際の健康リスク

体内に入った精子を殺すことで妊娠を防いでくれる「マイルーラ(VCF)」は、アメリカでは一般大衆薬として有名で、一時期は日本国内でも販売されていた殺精子剤です。

性交渉の約15分前に膣に挿入するだけで避妊が可能という便利さがマイルーラ(VCF)の特徴です。ピルのように長期間に渡り服用する煩雑さ無しに、いつでも手軽に避妊することができます。価格は1枚200円程度で販売されており個人輸入代行サイトを利用することで入手が可能です。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのマイルーラを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、マイルーラの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”マイルーラ”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


マイルーラの作用機序と効果・副作用

マイルーラは、性交の数分前に膣から至急の入口である子宮頚部付近に挿入しておくと、性交が始まる頃にはほどよく溶けて、膣から子宮頚部付近までを覆ってくれます。そして、マイルーラの主成分である殺精子剤には、体内に侵入した精子の持つ運動性を奪い、殺したり麻痺させたりすることにより、膣の奥まで進行するのを防ぐ効果があるため、体内に精子が侵入しても卵子と受精するには至らず、妊娠を回避することができるのです。またマイルーラの副作用としては主に、「膣の炎症・痒み」などが挙げられますが、様々な体験談などを見ると問題無く使っている人がほとんどであることから心配する必要はありません。ただし、万一こうした症状が出た場合は、膣というデリケートな部分に負担を掛けないためにも、すぐに使用を中止して下さい。また、マイルーラが予防するのはあくまで妊娠のみで、HIVなどの性病の感染までは防ぐことは不可能なため、性病予防もしたい場合にはコンドームと併用する必要があります。