バルトレックスの通販

最安値のバルトレックスを通販で購入できる販売店を探しています

バルトレックスを通販する際の健康リスク

性病の1つ性器ヘルペスの治療に有効な「バルトレックス」は、イギリスの製薬会社「グラクソ・スミスクライン社」が販売元となっている抗ウイルス剤です。

他の抗ウイルス剤と比べ吸収効率が優れている点がバルトレックスの特徴です。1日の服用回数も1~3回と少なく済ませられることから、薬代費用も抑えられます。1錠あたりの値段は350円程度で個人輸入代行サイトを利用すればより円滑に購入することができます。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのバルトレックスを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、バルトレックスの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”バルトレックス”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


バルトレックスの作用機序と効果・副作用

バルトレックスの主成分であるバラシクロビル塩酸塩には、ヘルペスウイルスの持つ、DNAを複製する働きを阻害する効果があります。性器ヘルペスは、性行為などでヘルペスウイルスが体内に侵入することで発症します。そして侵入したヘルペスウイルスは、DNAを複製することで増殖して、通常の免疫のみでは対応できないレベルになるため、どんどん症状が悪化していきます。しかし、バラシクロビル塩酸塩は症状悪化に繋がるヘルペスウイルスのDNA複製を阻害することで、それが体内で増殖するのを防ぐことができるため、症状の悪化を食い止め改善することが可能なのです。また、バルトレックスの副作用としてよく表れる症状には主に、「腹痛・下痢」などが挙げられますが、服用を中止するほど重度になる場合はほとんど無いようなので心配する必要はありません。しかし、副作用として腎障害や意識障害などを発症する場合も極稀とは言え無いとは言い切れないため、始めの内は十分注意が必要です。