プレマリンの通販

最安値のプレマリンを通販で購入できる販売店を探しています

プレマリンを通販する際の健康リスク

女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンを補充することで、更年期障害の不快な症状を和らげてくれる「プレマリン」は、世界中で最もよく使われている長い歴史を持つ女性ホルモン薬です。

プレマリンは日本においても厚生労働省により正式に認可されているため、高い安全性が保証されている点が特徴です。価格は1錠あたり75円程度で販売されており個人輸入代行サイトより入手することができます。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのプレマリンを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、プレマリンの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”プレマリン”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


プレマリンの作用機序と効果・副作用

更年期障害で起こる「頭痛、動悸、眩暈、不眠、ほてり、イライラ」などと言った不快な症状の原因は、視床下部から出る「卵胞ホルモンを分泌しろ」という指令をする卵胞刺激ホルモンに、更年期に入ったせいで卵巣機能が低下しその指令に応じられなくなり、卵胞ホルモンと卵胞刺激ホルモンのバランスが崩れることで、自律神経を乱してしまうことにあります。プレマリンとは元々、妊娠した馬の尿から得た天然型の卵胞ホルモンです。そのため、服用することで不足した卵胞ホルモンを補ってくれるため、再び卵胞刺激ホルモンとのバランスが図れるようになり、上記に挙げたような不快な症状を抑えることができるのです。また、よく表れるプレマリンの副作用としての症状には主に、「むくみ・体重増加・腹痛・吐き気・食欲不振・頭痛・眠気」などが挙げられますが、どの症状がどのくらいの強さで出るかには個人差があり、2~3個の症状を併発している場合が多々あるようです。あまりにも副作用の症状が辛い場合には、医師に相談して服用量を調整してもらう必要があります。