ロキソニンの通販

最安値のロキソニンを通販で購入できる販売店を探しています

ロキソニンを通販する際の健康リスク

「ロキソニン」は、外傷による腫れや痛みを和らげたり、発熱時には熱を下げたりする効果を持つ内服薬です。

ロキソニンの最大の特徴としては、服用することで眠気を感じたり胃に負担をかけたりすることが無い点が挙げられます。従って、生理痛・頭痛・筋肉痛・腰痛など多くの症状の緩和に幅広く用いられています。1錠あたりの値段は80円程度となっています。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのロキソニンを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、ロキソニンの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”ロキソニン”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


ロキソニンの作用機序と効果・副作用

ロキソニンは、「ロキソプロフェンナトリウム水和物」という解熱鎮痛成分を主成分としています。この成分には、身体の内外のどこかが損傷を受けたり血流が悪くなったりした際にそれを回復させようと働くものと同時に、痛みや発熱・炎症を引き起こしてしまう組織ホルモン「プロスタグランジン(PG)」の生成を、合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」の働きを阻害することで抑制する効果があります。そのため、ロキロニンを服用することで体内外における痛みや発熱・炎症などの症状を和らげることが可能です。しかしながら、そういった症状の原因そのものを治すことはできません。また、ロキソニンの副作用については、胃痛・悪心・嘔吐などの消化器関連の症状が挙げられます。副作用の症状が重くなることは滅多にありませんが、元々消化器が弱い人の場合は服用量に注意が必要となります。