レビトラの通販

最安値のレビトラを通販で購入できる販売店を探しています

レビトラを通販する際の健康リスク

ED(勃起不全症)の治療に有効とされる「レビトラ」は、ドイツの製薬会社「バイエル社」により販売されており、日本国内においては2004年に厚生労働省から正式に認可された医薬品です。

レビトラの1番の特徴としては食事の影響を受けにくい点が挙げられます。レビトラは体内における吸収が早いため、服用が食前・食後を問わず一定の効果を得られるのです。価格は1錠1,500円程度で販売されており個人輸入代行サイトを利用すれば手間無く購入することが可能です。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのレビトラを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、レビトラの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”レビトラ”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


レビトラの作用機序と効果・副作用

レビトラの主成分である塩酸バルデナフィルには、バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルと同じく、ED(勃起不全症)を引き起こす体内酵素「PDE-5」の働きを阻害する効果があります。 そのため、正常な勃起を促されることになるのですが、レビトラは精力剤とは違うため、効果が表れるためにはまずはなんらかの性的刺激が必要となります。また、先にも述べたようにレビトラは食前、食後の服用を問わず一定の効果を期待できますが、高カロリーな食事を摂った場合は吸収効率が悪くなるため、食後に服用する際の食事は低カロリーにする必要があります。レビトラの副作用としての症状で、服用者に表れるものには主に「顔のほてり・頭痛」が挙げられますが、それぞれ表れるタイミングや症状の程度には個人差があるようです。「顔のほてり」で言えば、服用後10分で表れた例もあれば、3時間も経った後にという例もありました。また、バイアグラと比べ頭痛の症状が重いと感じる服用者もいるようですが、どれも薬が切れると同時に消える一時的なものであるため、そこまで神経質に心配する必要はありません。