フィンペシアの通販

最安値のフィンペシアを通販で購入できる販売店を探しています

フィンペシアを通販する際の健康リスク

AGA(男性型脱毛症)の症状を改善してくれる「フィンペンシア」は、インドの大手製薬会社「シプラ社」によって販売されているプロペシアのジェネリック医療品です。

そのフィンペシアの特徴には、価格の安さが挙げられます。プロペシアと同等の育毛効果を期待できながらも、1錠あたりをプロペシアの半分以下50円程度という破格の安さで、個人輸入代行サイトより通販することが可能となっています。

さて、まったく同じ有効成分が含有しており、まったく同じ効果・効能が得られるなら、少しでも安くこのフィンペシアを購入して治療を継続していきたいと思うのが人情でしょう。

しかしながら、医薬品は家電製品と異なり、価格比較サイトで1円でも安く購入できる販売店を探すというわけにはいきません。『安いから!』で飛びついてしまうと、悪質な業者が販売している偽物や粗悪な薬を掴まされ取り返しのつかない健康被害を受けてしまう可能性もあるからです。

当サイトでは、『健康被害は避けたい、でも治療を諦めたくない!費用も抑えたい』という方のために、筆者自身が実際に利用したことのあり安心して購入できる通販ショップにて、フィンペシアの販売価格を比較させていただいております。

◎ 以下の検索窓にて、”フィンペシア”と入力後、[検索]ボタンをクリックするかキーボードの[Entr]を押してください。


フィンペシアの作用機序と効果・副作用

フィンペシアの主成分であるフィナンテリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンに直接抑制をかけることで、AGAによる薄毛の症状を食い止め、髪が再び正常に成長できるよう促します。始めは産毛が生えてくる程度で注意深く見なければ分からない程です。産毛が生えたのを実感できるのは服用を始めてから早い方では1か月程ですが、遅ければ3か月以上掛かったという例もあります。しかし、育毛剤というものは、正常に作用しても実際に目に見える効果として表れるには少なくとも1年は必要とするため、それを念頭に置いて少なくとも6か月は服用を継続する必要があります。ただし、一部のフィンペシアにはキノリンイエローという発ガン性物質が着色料に使われている場合もあるため、長期服用のことを考え、購入前に必ず成分を確認することが推奨されます。また、服用者が経験する大半のフィンペンシアの副作用の症状としては「性欲減退」が挙げられますが、一時的なものである場合がほとんどであるため、そこまで神経質になる必要はありません。 プロペシアのおよそ6分の1の値段で買えるという、AGA治療薬のフィンペシア。プロペシアとほぼ同成分なのになぜこんなに安いのかと言うと、フィンペシアがプロペシアのジェネリック医療品(オリジナルの特許期間が過ぎたため、その成分を真似して作られた医療品)だからです。つまり、プロペシアと違って開発費がかかっていない分、価格を安く抑えることができるんですね。それなら、断然フィンペシアの方が良いと思いますよね。しかし、このフィンペシアには実は、ある怖い噂があるんです。それは、副作用で癌になってしまう、という内容のものです。これ、本当なら大変なことですよね。髪の毛どころじゃないじゃないですか。しかし、この噂はまったくの事実無根だそうです。なんでも、フィンペシアのコーティング剤に、タールというタバコ等にも含まれる物質が含まれているため、ここから悪い方向に邪推されただけなのだとか。確かに、タールと聞くとタバコが、そしてそこから肺癌などが、と連想できなくもないですからね。とにかく、フィンペシアは販売を始めて大分経ちますが、癌関連どころか、今まで健康被害は一切報告されていないため、安心して服用して良いとのことでした。 経口内服タイプの育毛剤として話題を呼んだ、プロペシア。今ではその特許期間も切れて、色々なジェネリック医療品が販売されているそうですね。しかもそれらは、プロペシアを真似して作られている分開発費がかかっていないため、プロペシアよりもかなり安く購入することができるのだとか。中でも人気なのが、フィンペシアだそうです。プロペシアのジェネリックの中でも、かなり販売年数が長く、効果もプロペシアと同等とかなり高い評価を得ているみたいです。ただ、このフィンペシアの副作用に関しては、ちょっと怖い噂があるんです。それは、癌。つまり、長期間に渡って服用すると癌になるかもしれない、みたいなことが言われているんですね。ただ、結論から言うと、この噂はまったくのウソだそうです。ではなぜこんな噂が流れたのかと言うと、原因はフィンペシアの錠剤に使われているコーティング剤みたいです。そのコーティング剤、キノリンイエローと言うんですけど、タールが含まれているため、そこから連想ゲームみたいな感じで癌の噂にまでなったのだとか。確かに、タールと聞くと肺癌が思い浮かびますけど、コーティング剤に含まれているタールなんて微々たる量なため、万一でもそんな心配は無いとのことでした。 プロペシアを国内でちゃんと治療するとなると、かなりお金がかかるそうですね。最初は、プロペシアってそんなに高いのかな、と思ったのですが、実際はそれに加えて通院料もかかるため、1月に直すと1万円くらいかかる計算になるのだとか。1月1万円…確かに、この出費は大きそうですね。それに、プロペシアによるAGA治療って、何年もかかるって言いますから。そこで、最近ではプロペシアからフィンペシアに切り替える人も多いそうです。なぜなら、フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医療品であるため、成分はプロペシアと同じにもかかわらず、6分の1くらいの値段で買えてしまうからです。また、個人輸入で購入するため、わざわざ定期的に病院に通う必要が無いという点でも人気みたいです。となると、プロペシアからフィンペシアに切り替えれば、大分費用も手間も節約できそうですね。ただし、最初から個人輸入でプロペシアやフィンペシアを購入して、自己流で始めるのは止めた方が良いそうです。なぜなら、初期脱毛や副作用に関して、最初の内は自分で判断するのは難しいからです。つまり、最初の内は国内の病院でちゃんと治療を受けて、ある程度慣れたら個人輸入で購入して自分で治療をする、という風にするのが良いんですね。 AGA(男性型脱毛症)って、頭頂部から薄くなって行くイメージですけど、生え際からくる場合もあるそうですね。そのため、額が広くなったと感じた時にも、AGAを疑った方が良いとのことでした。そして、少しでも早い内に、本格的な治療に入った方が良いみたいです。そのAGAの治療薬として今人気のものだと、フィンペシアが挙げられるそうですね。でも、AGAの治療薬は他にもたくさんありますよね。ではその中でなぜこのフィンペシアが良いのかと言うと、世界初の経口内服タイプの育毛剤、プロペシアのジェネリック医療品なため、効果の点についてとても高い定評を得ているからです。もちろん、生え際の薄毛にも効果が期待でき、半年から1年くらい持続して使えば、効果を実感できるとのことでした(また、生え際は頭頂部分よりも見えやすいため、それよりも早く効果を目視できる場合も多々あるそうです)。ちなみに、フィンペシアには発がん性のリスクがある、みたいなことをネットの一部では言われていますが、それはほとんど事実無根なので心配する必要は無いそうです。また、基本的にフィンペシアの副作用はプロペシアと同じく、時々軽い頭痛や下痢が出るくらいらしいので、それについても神経質になることは無いとのことでした。 少し前までは、AGA(男性型脱毛症)の経口内服タイプの治療薬は、プロペシアしかありませんでしたけど、今はフィンペシアなど似たような薬がたくさん出ているそうですね。プロペシアの特許期間が過ぎて、他社がその成分を真似て作れるようになったのが、大きな理由みたいです。所謂、ジェネリック医療品というものですね。そうしたジェネリック医療品の中でも特に人気なものとしては、フィンペシアが挙げられるそうです。プロペシアのジェネリック医療品の中でも、圧倒的に販売年数が長く、その中でもこれといった健康被害の報告もされていないため、安全性と信頼性の両方でダントツなのだとか。また、値段もジェネリックの関係で、プロペシアの6分の1くらいしかかからないそうです(プロペシアは1粒で200円くらいするのですが、フィンペシアだと30円くらいで済むそうです)。となると、フィンペシアとプロペシアでは、選ぶとするとどっちなのでしょうか?値段だけで言うなら断然フィンペシアですけど、国内のAGA治療病院ではプロペシアが使われているそうですからね。個人的には、病院で一定期間プロペシアでの治療を指導してもらった後に、安いフィンペシアに乗り換えるのが良いんじゃないかな、と思います。 男性型脱毛症(AGA)治療薬として人気のフィンペシアには、効果的な飲み方があると聞いて、最初思い浮かんだのは、ドリンクやお茶ではなく水と一緒に飲めということなのかな、ということでした。まぁそういう意味じゃなかったんですけどね(笑)。もちろん、水と一緒の飲むのが一番無難だそうですが、ここで言う効果的な飲み方とは、飲む時間帯のことを言っているのだそうです。毎日飲むタイミングを同じにするのは分かりますけど、具体的な飲む時間なんて関係無いような気がしますよね。しかし実際は、効果の大小にかなり関わって来るみたいです。そして、フィンペシアの場合だと、夕食後の夜9~10時くらいに飲むのが良いのだとか。なぜその時間帯なのかと言うと、髪の成長する時間が夜の10日から翌日の午前2時までだからみたいです。つまり、髪が成長する時間と、薬の効く時間をマッチングさせることで、最大限に育毛を促すことができるんですね。実際、今までイマイチ効果を実感できなかったけど、上記の時間帯に服用タイミングを変えたら、目に見えて効果が表れたという声も、ネットで多々見つけました。こんなこと、全然知りませんでした。どうせなら、フィンペシアの販売サイトにこの情報は大きく載せておいて欲しいです。 フィンペシアは、プロペシアと同じ成分でありながら、その6分の1くらいの値段で買えてしまうため、AGAの治療薬の中ではトップクラスの人気を誇るそうですね。しかしその反面、フィンペシアにはとある噂が付き纏っているそうです。正確に言えば、フィンペシアの副作用について、ですが。ネットでは、フィンペシアの副作用にはあまり公にされていない闇の部分がある、みたいなことを言われていて、一体どんなご大層な副作用の心配があるのかと思い、ちょっと調べてみたところ…なんと、ガンになってしまう危険性が指摘されているとのことなんです。フィンペシアの副作用なんて、せいぜいプロペシアと同じく、軽い頭痛や下痢や性欲減退くらいだと思っていたので、ものすごく驚きました。しかし、これは嘘だそうです。なんか、フィンペシアの錠剤のコーティングに使われている成分に、肺癌の原因とも言われるタールが僅かながら使われているため、その点が誇張されて巡りに巡って、ガンになるなんて噂にまでなってしまったみたいです。つまり、フィンペシアを飲んでガンになるなんてことは、絶対に無いんですね。私の旦那も半年くらい前から飲んでいるので、とりあえずは安心しました。 程度には個人差があるものの、フィンペシアには服用者全員に生じる副作用があるそうですね。それは、初期脱毛。育毛するためにフィンペシアを飲んでいるのに、脱毛ってどういうことなのでしょうか?詳しく調べてみると、飲み始めて10日くらい経つと、抜け毛がどんどん増えて来るという症状みたいです。これには最初驚きました。育毛剤なのに髪が抜けるなんて、まったく逆じゃないですか。しかし、この初期脱毛は、何も怖がる必要は無いそうです。なぜならこの初期脱毛は、フィンペシアの成分であるフィナステリドが正常に効き始めている証拠だからです。だから、フィンペシアの服用者全員に生じるんですね。ちなみに、この初期脱毛はずっと続くものではなく、大抵は2週間から1か月ほどで自然と収束するみたいです。自然と収まってくれるなら良いんですけど、抜ける量には大分個人差があるそうです。なんでも、軽ければ1日50本程度なのですが、すごい人だと100本単位くらいで抜けてしまうのだとか。そのため、最初の内は逆に髪が少なくなったと感じる人も多いんですね。まぁ事前に知っておけば慌てることも無いので、フィンペシアを購入する際は予めネットに掲載されている体験談などを読んで、予習をしておいた方が良いとのことでした。 人によってはフィンペシアを飲むことで妊娠に影響を与えてしまう、とこの前ネットの記事で読みました。でも、フィンペンシアって男性型脱毛症の治療薬ですよね。それなのになぜ、女性のする妊娠に影響が生じるのでしょうか?私も疑問に思って調べたところ、どうも直接的に影響を与えるのではなく、巡り巡って妊娠にまで影響が生じてしまう、といった感じみたいです。どういうことかと言うと、フィンペシアにはその副作用の中に、性欲減退の症状もあるんですね。つまり、性欲が減退し、性交渉が上手く行かなかったり機会が減ったりして、自ずと相手方の女性が妊娠する可能性も減ってしまう、ということだそうです。ものすごく間接的な影響にも思えますけど、実際、フィンペシアの服用によってED(勃起不全)の症状が出るケースも、一定数は存在するみたいです。ただ、実験の数値で言うと、そうした副作用が起こる率はほんの数パーセントで、仮に生じたとしても性交渉が困難になる程度まで、ということはまず無いとのことでした。となると、フィンペシアのせいというよりも、服用者がそのことを心配し精神的プレッシャーとなって、結果的にEDや性欲減退の症状が出ているのかもしれませんね。 フィンペシアの副作用を見ると、軽い下痢、頭痛、性欲減退、後は肝機能障害がよく書かれていますね。しかしネットでは時々、体毛が濃くなったという声を見かけます。体毛、つまりは、頭以外の部分の毛が濃くなるということですよね。まぁフィンペンシアは育毛剤ですから、別の部位の毛も育ててしまうのかも、とも考えられそうですけど、実際のところどうなのでしょうか?色々と専門的なサイトを調べてみたところ、フィンペンシアを含むフィナステリド系の育毛剤で、頭部以外の体毛が濃くなるという副作用は無いとのことでした。なんでも、AGAの原因となる酵素(髪を作る毛母細胞の働きを阻害してしまうそうです)は、頭部を含む身体の限られた部分(脇や陰部)にしか存在しないため、フィンペンシアを飲んでも全身の体毛が濃くなることは、まず無いのだとか。つまり、フィンペシアは頭部の髪を集中して育ててくれる、ということなんですね。まぁ裏を返すと、脇や陰部の毛は濃くなるかもしれませんが、ほとんどこの体毛に関する副作用の噂は嘘でしたね。とりあえずは良かったです。今は男性も全身脱毛とかする時代ですし、体毛濃くなるの見て、そこに生えるんじゃなくて頭の方に生えてくれって思うのも嫌だと思いますから。 フィンペシアには、育毛効果が期待できる反面、様々な副作用が生じるそうですね。具体的にどんな副作用があるのかと言うと、主に軽い頭痛や下痢、あとは本当に極稀ですが肝機能障害が生じるのだとか。しかし、副作用の中には、服用者に必ず表れる症状もあるそうです。その証拠に、フィンペシア服用者の体験談には、必ずと言って良い程その症状に関する記述があります。その副作用の症状とは、初期脱毛です。読んで字の如く、服用して初期の段階で、抜け毛が増えるという症状なんですね。育毛剤を飲んで逆に髪が抜けるなんて、何も知らないとちょっと驚きますよね。実際、それで怖くなって、フィンペシアの服用を止めてしまう人も多々いるのだとか。しかし、この初期脱毛という副作用は、別に何も怖がる必要は無いそうです。なぜならこの症状は、フィンペシアが効いて新しい髪の毛が生成され、古い髪の毛が押し出されるが故に起こるもので、フィンペシアが効けば必ず生じるからです。つまり、初期脱毛という症状は逆に、フィンペシアがちゃんと効いている、喜ばしい合図なんですね。ただし、人によってかなり程度には差があり、すごいと目に見えて髪が減ったと分かる程抜けてしまうこともあるそうなので、服用前にある程度覚悟しておいた方が良いとのことでした。 AGA(男性型脱毛症)の治療薬と言えばプロペシアですけど、今ではそれよりも人気なものがあるそうですね。それは、フィンペシア。なんでも、プロペシアと同じ成分にもかかわらず、値段がプロペシアに比べてかなり安いのだとか。どれくらい安いのかと言うと、プロペシアが1錠につき200円近くする一方で、フィンペシアはたった30円程だそうです。6分の1くらいまで安くなっていますね。確かにこれだけ安ければ、プロペシアよりも人気が高いのも頷けそうですけど、効果の点においてはどうなのでしょうか?ほら、プロペシアよりもそんなに安いのなら、その分効果の面で劣るのでは、と考えるのが自然だと思うんです。普通に考えて、効果が同じなのに値段だけ安いなんてうまい話、あるわけないですから。しかし、フィンペシアに限って言えば、そのうまい話が本当みたいです。つまり、プロペシアと同成分で同程度の効果が期待できながら、その6分の1くらいの値段で購入できるんですね。なぜなら、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医療品で、プロペシアの成分を真似したことによって開発費がかかっていないからです。開発費がかかっていないなら、確かにその分安く販売することもできますよね。こういう仕組みがあるなんて全然知りませんでした。 最近の薄毛治療薬としては、フィンペシアやミノキシジルがよく挙げられるそうですね。個人的には、どっちの薬も同じだと思っていたのですが、実際のところ、薄毛が改善されるという点は共通するものの、両者にはかなり違いが見られるのだとか。具体的にどういった点が違うのかと言うと、薄毛改善のプロセスだそうです。つまり、結果的に薄毛は改善されますが、どういう風に改善されるのかはまったく違うんですね。なんでも、フィンペシアは薄毛を引き起こす酵素を阻害することで正常なヘアサイクルを促す一方、ミノキシジルは血管を拡張させ頭皮に血液を行き渡らせることで毛髪の生成を促すのだとか。そのため、フィンペシアは育毛剤のカテゴリーに、ミノキシジルは発毛剤のカテゴリーに分類されるのだそうです。ちなみに、どちらがよく効くのかと言うと、それは人によるとのことでした。つまり、フィンペンシアが効かなくてもミノキシジルはちゃんと効いた、又はその逆パターンのケースもよくあるんですね。それでも、肥満で薄毛を患っていると、肥満に伴う大量の脂肪のせいで血管が狭くなることで、薄毛の症状が生じていることがほとんどであるため、そういった場合はまずミノキシジルから試してみると良いみたいです。 フィンペシアの副作用としては、よく肝機能障害が挙げられるそうですね。生じるのは本当に極稀なため、まず心配する必要は無いみたいですけど、それって実際どういう仕組みで起こるのでしょうか?育毛剤と肝臓との間に、全然関りを見出せないので、ちょっと調べてみました。すると、フィンペシアの主成分で、育毛効果の中枢を担うフィナステリドは、肝臓で分解されているということが分かりました。つまり、フィンペシアによる育毛効果には、フィナステリドがちゃんと肝臓で分解されることが不可欠なんですね。しかし、このフィナステリドの分解は、肝臓に大なり小なり負担を掛けることになるため、肝臓が弱ってしまったり、酷いと肝機能障害まで生じてしまったりすることがあるのだとか。だから、肝臓が弱い人は服用しないよう、よく注意書きが付されているんですね。また、お酒をフィンペシア服用の前後で飲むことも止めた方が良いそうです。なぜなら、肝臓がフィナステリドだけでなく、アルコールの分解も行うとなると、十分にフィナステリドの効果を髪の毛に反映できないおそれがあるからです。となると、肝臓に心配が無くても、フィンペシアの服用中は、少し飲酒に関しては気を付けた方が良さそうですね。 仕事をしていると、お酒はどうしても関って来ますよね。接待とか、職場との交流などの関係で、少なくとも週1回くらいは、フィンペシアによって薄毛を治療している私の父親も飲んでいると思います。別にお酒と薄毛治療なんて関係無いって個人的には考えていたんですけど、実はフィンペシアとお酒ってかなり良くない組み合わせだそうです。どういうことかと言うと、フィンペシアの育毛成分であるフィナステリドと、お酒のアルコール成分を分解する器官が、どちらも肝臓ですよね。つまり、アルコール成分とフィンペシア成分が、同時に肝臓で分解されることになると、せっかくのフィンペシアの育毛成分が半減してしまうみたいです。また、それを続けると、肝臓にかなりの負担がかかってしまい、結果、肝機能障害という最悪の副作用まで生じてしまうのだとか。これは見過ごせないですよね。薬の効きが悪くなるだけに止まらず、臓器にまで影響を来してしまうかもしれないんですから。しかし、フィンペシアの育毛効果を最大限に上げるためには、髪の成長が始まる時間帯に合わせ、夜9~10時くらいに服用するのが理想だそうです。となると、フィンペシアの服用中はなるべく夜に飲酒をしないか、それができないならフィンペシアの服用時間帯を朝にするしか無さそうですね。 フィンペシアは、プロペシアと同じ成分で、同じくらい育毛効果が期待できるにもかかわらず、値段がプロペシアに比べて大分安いため、未認可とは言え日本でもトップクラスの人気を誇るそうですね。しかしその反面、偽物のフィンペシアも多く出回っているみたいです。偽物のフィンペシアって、どんな感じなのでしょうか?個人的には、フィンペシアに使われているものよりも、安い粗悪な成分でできているのかな、と思ったのですが、フィンペシア自体ものすごく安いですからちょっと考えにくいですよね。そこで調べてみたところ…大抵の場合は、正規のフィンペシアを細かく砕いて他の薬剤を混ぜた上で、また錠剤化しているのだそうです。つまり、フィンペシアの成分は0ではないものの、正規品に比べてかなり含有量は少なくなっているんですね。しかし、パッケージは正規品そっくりに作られているため、外見上から見分けることは事実上不可能とのことでした。見分けることができないって、かなり不安だと思います。こういう時、直接手に取って目で見て判断できないという、通販の弱点が出ますよね。そのため、フィンペンシアの偽物を掴まされないためには、信用できる大手の個人輸入サイトに頼るのが無難とのことでした。 フィンペシアは偽物が多く出回っていると聞きますが、偽物ってどんな感じなのでしょうか?個人的には、パッケージがちょっと違うのかな、と予想していたのですが、実際のところ、フィンペシアが正規品か偽物かを、パッケージなどの見た目で判断するのは不可能とのことでした。なぜかと言うと、偽物でも見た目は正規品とほとんど変わらないからです。見た目が同じとなると、違う部分は錠剤そのもの、ということになりそうですね。もしかして、中身がそっくり偽物と入れ替えられているのでしょうか?しかし、その予想は外れでした。実際は、フィンペシアの偽物は正規品を砕いた上で他の薬を混ぜて錠剤化している、というケースが大半なのだとか。そうなってしまうと、確かに見た目で判断するのは無理ですよね。錠剤の色なんていちいち気にすること無いですし。ではどういう風に、フィンペシアの偽物に気を付ければ良いのでしょうか?一番無難なのは、ちゃんと信用できる輸入代行サイトで買う、という方法みたいです。確かに、通販で直接手に取って吟味するのは無理な分、後は販売している方を信用するしかありませんからね。となると、フィンペシアに関しては、多少値段が他サイトより高くても、ドクターズチョイスなどで買った方が良さそうですね。 フィンペシアやプロペシアなど、フィナステリドを主成分とするAGA治療薬には、一定の副作用が伴うそうですね。その具体的な症状としては、初期脱毛や軽い頭痛、下痢、性欲減退などが挙げられ、後は稀に肝機能障害が生じたりもするのだとか。初期脱毛は、プロペシアやフィンペシアに含まれる育毛成分のフィナステリドが、正常に効き始めた証拠ですし、頭痛や下痢、性欲減退も程度が軽いなら許容できると思います。しかし、同じノリで肝機能障害を見過ごすことは、ちょっと無理そうですよね。大切な消化器官の1つですから。そもそも、なぜ副作用として肝機能障害が生じるおそれがあるのかと言うと、フィナステリドを分解する消化器官が肝臓だからです。そのため、肝臓が元々弱い人や、何等かの理由で肝臓が疲弊している人は、フィンペシアやプロペシアの服用によって、肝機能障害を患う危険性があるのだとか。その関係で、飲酒を日常的にしたり、服用前に高カロリーな食事をしたりするのもNGみたいです。なぜなら、肝臓がアルコールも分解しなくちゃいけないとなると、フィナステリドの分解の方が十分に行われず、いまいち育毛効果が発揮されないこともあるからです。フィンペシアやプロペシアって、意外と気を付けなくちゃいけないことが多いんですね。